GYRE.FOOD

東京都渋⾕区の表参道並⽊通りに位置する、⾼級ブティックビル4階にあるGYRE.FOODの内装設計、ブランディング 及びデザインディレクションを⾏いました。

⾷の循環をテーマとした施設に対し、空間全体を⼟左官によって仕上げることで、コンセプトを体験として還元するこ とを試みています。グランメゾン、レストラン、カフェ、バー、ショップが同じ空間の中で連続する計画に対して、四⽅ に⼤きな窓を持った建築物を利⽤し、⾃然採光によって異なる環境を作り出しすと同時に、⽊々によって緩やかに分断しています。

1/4

CONCEPT

GYREコンプレックスは、2007年にオランダの建築家MVRDVによってオープンされて以来、「世界の話題の問題を認識しながら生きる」という意味の「SHOP&THINK」の哲学を持っています。GYREという名は渦、または回転を意味し、その哲学を通して新しいエネルギーと人々を引き付けるユニークな商業施設になりました。

本計画は、4階1,000m²を「1Floor - 1Concept」をテーマにGYRE.FOODとして生まれ変わらせ、その哲学を更に強調し、発信する試みです。 GYRE.FOODのデザインは、生命の循環に欠かせない土から着想を得て、その床と壁は鬱蒼とした森の裏にある洞窟、熱帯のジャングル、古代都市の遺跡を彷彿とさせる土で覆いました。

ゲストが食事を楽しみながら、気候、ライフサイクル、環境問題について考える機会を提供し、デザインを通じて過去の食生活に基づいた未来の食文化に疑問を投げかけることを目指しています。(by Tusyoshi Tane)

 
1/4
1/3

 

 

Client: MC-UBS

Program: Restaurant, Bar, Shop, Event Space

Status: Completed

Location: Jingumae, Shibuya, Japan

Date: 2019 Area: 1,000 m²

Architect: Aterior Tsuyoshi Tane Architect

Local Architect: CUP inc.

Lighting: Izumi Okayasu Lighting Design

Landscape Design: Atelier Daishizen + SOLSO

Construction: D-Brain

Photo:Taichi Ano