ANCHOR KOBE

essential co-working space

CUPは神戸三宮駅直結の再開発ビルディング内にあるワンフロアを使ったビジネスのための交流拠点ANCHOR KOBEのクリエイティブディレクションを行いました。
震災からの復興を終えた神戸の街に、新たな産業の創出や既存企業とスタートアップ、大学の連携を想定し、プロジェクトスペースやプレゼンスペース、ミーティングスペースを計画しています。空間は神戸の旧居留地エリアの街の色や意匠性を参照し、マッシブな左官塗りの家具を六甲山の山並みに呼応するように配置すると同時に、素材感のある家具を場所毎に展開することで場を形成しています。
象徴的な六甲山連の山並みと、エッセンシャルな神戸の街並みを表スト同時に、既存のスタートアップ施設とは異なる、より本質的な社会実装のばを目指す理念を元にVIを作成しました。

Client: Mitsubishi UBS-Realty
Program: Co-working Space
Status: Completed
Location: Sannomiya, Kobe, Hyogo
Date: 2021
Area: 602 m²

Creative Direction: CUP inc.
Interior Design: Ondesign Partners
Contractors OBAYASHI Corp.
Equipment design:zero architect partners
Lighting design:Izumi Okayasu
Sign Design:terminal inc.
Textile Design:Haruka Shoji
Web Design: SIMONE
Artist: Shinjiro Tanaka, Shuhei Takahara

Photo: Koichi Torimura